カートは空です
シクロパーシュートは、日本・イタリア・アメリカの3大拠点のネットワークを活かして、リクエストにお応えします!

ARGON 18

ロードレースのカナダ代表としてオリンピックに出場したジャーベス・リューが1989年に立ち上げたARGON18です。

当初は自身のバイクショップでオリジナルバイクとして開発をスタートさせたものでした。その存在が幅広く認知されたのが1999年、北米最大のバイクショーであるインターバイクへの出展です。先進的なプロダクトは北米全域の注目を集めました。そして当時発展途上であったカーボンマテリアルにいち早く着目し、2001年には最初のカーボンフレームであるヘリウムを発表しています。

ARGON18の優れた性能はレースでも発揮され、2006年にはトライアスロンで3つの世界タイトルを獲得。さらにロードレースにおいても積極的な活動を進め、2015年にボーラ・アルゴン18がツール・ド・フランスに出場したのは記憶に新しいところです。

ARGON18のキーコンセプトとして第一に挙げられるのがOPTIMAL BALANCE(最適化されたバランス)です。ロードバイクに必要とされながらも、それぞれが相反する剛性と軽さ、そして快適性を巧みにコントロール。レース向けモデルであっても快適かつ安定性の高いバイクを作りあげることで、ライダーに多大なる恩恵をもたらせます。これらはラインナップごとに異なり、それぞれで必要とされる要素に合わせても最適化されています。

OPTIMAL BALANCEを具現化するために採用されるのが、ARGON18独自のテクノロジーです。他社のバイクでは見られない特徴的な3Dヘッドチューブは、剛性を犠牲にすることなく、ヘッドチューブ長の変更が可能です。ライダーのレベルに応じての変更はもちろんのこと、プロのレースにおいてもステージレースからクラシックまで1台のバイクで対応できることを意味しています。剛性コントロールにおいても、フレームをコンフォートゾーンとパワーゾーンのパートに分けるHDS(ホリゾンタル・デュアル・システム)で役割分担を明確化。ペダリングロスを最低限にしながらも、優れた振動吸収性も両立させました。レーシングフレームにおいても過酷なステージレースを走りきることが求められるだけに、快適性が重要になることは明らかであることを理解しての設計思想といえるでしょう。

フレームのジオメトリーにおいても独自のAFS(アルゴン・フィット・システム)を採用しています。フレームサイズを問わず最適なハンドリング性能や乗り味を生み出すために、長年にわたる経験を元に生み出されました。さらに多くのロードバイクよりもBB位置を下げたBB下がりを75mmとして、ライダーの重さを含めて低重心化することで優れた安定性を実現しています。これらのフレームに用いられるカーボンは、それぞれのフレームに最適なものを、フィラメントやプリプレグの状態からコントロールして製造された独自のものです。革新的な理論を具現化したARGON18のプロダクトは、プロライダーはもちろんのこと、ホビーユーザーにも最高の満足度を提供できるものといえるでしょう。

ペイパル|新規登録無料、カードのポイント貯まる|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行